ビジネス・環境・社会起業を融合する
新たな教育プログラム

近代化の進展とともに、地球的規模で、行政にも企業にも対処が難しい問題があらわになっています。これから、人間のwell beingを向上させる自然・社会環境の保護や効果的な制度設計が喫緊の課題となるのは明らかです。しかし、このような社会の問題解決には、「個益」(=個人や特定の組織の利益)と「公益」が相反するものととらえる従来型のアプローチでは隘路にはまってしまいます。

そこで、社会イノベータコース(SIコース)では、社会イノベータを「事業センスと公益センスを兼ね備え、持続性のある、かつ、生産性の高い社会を実現する人」と定義し、多様な主体との協働を実現し、効果的なインセンティブ設計のできる高度なマネジメント能力をもった人材を育成することを目指しています。

社会イノベータは、アントレプレナーシップを発揮して社会の問題解決を担う主体であり、個人、非営利組織、自治体、企業など所属は様々です。このような人材が雲霞の如く群がり出ることで社会は変わると信じています。

※「社会イノベータ育成コースの創設」は、文部科学省が実施する2008年度「大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)」(2009年度より「組織的な大学院教育推進プログラム(大学院GP)」に名称変更)に採択されました。

※ SIコースでは、全国各地の地域と連携して、「地域おこし研究員」のプログラムを行っています。
>> 慶應義塾大学SFC「地域おこし研究員」Webサイト

SIコース7つの特色

1 ビジネス・環境・社会起業を融合する知識・技能の学習とプロジェクト実践の体系的なカリキュラム
2 研究プロジェクト実践によるアントレプレナーシップの醸成
3 「修士(政策・メディア)」の学位に加えて、サティフィケート「社会イノベータ(Social Innovator)」を授与
4 コース指定の必修・選択必修科目(9科目)は1年間で履修が可能
  • 政策・メディア研究科は、基本的には2年間の在学期間が必要です。
5 「都心サテライト教室」と全国の「SFCサテライト拠点(地域おこし研究員の活動拠点)」を中心とした学習も可能
  • 必修科目「ソーシャルファイナンス」「社会起業とイノベーション」「社会イノベーションとデザイン」、選択必修科目「ソーシャルビジネスの商品開発とプロモーション」の4科目(8単位)は、都心サテライト教室(三田)にて、火曜日夜に開講します。
  • 必修科目「個益公益のデザイン1・2」の2科目(4単位)は、SFC(湘南藤沢キャンパス)にて、春学期の水曜日夜に開講します。
6 総合政策学部・環境情報学部に設置されたビジネス・環境・社会起業などに関する科目を履修可能
  • ただし、学部設置科目は自由科目としての履修となり、大学院の修了単位としてのカウントは出来ません。
7 休校期間中の海外や国内でのフィールド研究を推奨・支援

SIコースの指定科目

SIコース科目区分 科目名 履修区分 単位数
共通科目 個益公益のデザイン1 必修 2
個益公益のデザイン2 必修 2
社会起業とイノベーション 必修 2
ソーシャルファイナンス 必修 2
社会イノベーションとデザイン 必修(※1) 2
ソーシャルビジネスの商品開発とプロモーション 選択必修 2
ソーシャルマーケティング 選択必修 2
パブリックマネジメント 選択必修 2
社会起業論 選択必修 2
スキル科目 フィールドワークA/B/C/D 選択必修 各2
概念構築(リサーチデザイン) 選択必修 2
知識科目 経営戦略特論 選択 2
ベンチャー経営論 選択 2
ソーシャルビジネスと評価 選択 2
低炭素社会設計論 選択 2
先端研究(ケースメソッド) 選択 2
専門科目 地域情報化論 選択 2
ファミリービジネス論 選択 2
ポリシーマネジメント(政策形成とソーシャルイノベーション) 選択 2
環境ビジネスデザイン論 選択 2
環境フィールドワーク 選択 2
行政組織の経営 選択 2
プロジェクト科目 ネットワークコミュニティ 毎学期
選択必修(※2)
各2
プラットフォームとビジネス
修士研究会 (※3) 毎学期 選択 各2
修士プロジェクト 修士論文1 選択必修(※4) 1
修士活動報告1
修士論文2 選択必修(※4) 1
修士活動報告2 (※5)
(※1) 2017年度入学者は「選択必修」
(※2) 毎学期、指定のプロジェクトから選択必修(2つ履修することも可能)
(※3) SIコース担当者が開講する「修士研究会」のみを対象とする。
(※4) 2017年度以前の入学者は「修士論文(2単位)」または、非修論オプションの「報告書」の主査が担当する「プロジェクト科目」を最終学期に履修することとし、その2単位をサティフィケートの要件として認定する。
(※5) SIコースで「修士活動報告2」を選択する学生は、SIコース指定のガイドラインを満たす資料を作成するものとする。

>> 2018年度 「社会イノベータ(Social Innovator)」サティフィケート修得要件(PDF)

スタッフ

チェアパーソン


鈴木 寛
(政策・メディア研究科教授)

担当教員(専任教員)


飯盛 義徳
(総合政策学部教授)

一ノ瀬 友博
(環境情報学部教授)

厳 網林
(環境情報学部教授)

國領 二郎
(総合政策学部教授)

神成 淳司
(環境情報学部教授)

玉村 雅敏
(総合政策学部教授)

東海林 祐子
(政策・メディア研究科准教授)

宮垣 元
(総合政策学部教授)

村林 裕
(政策・メディア研究科教授)

担当教員(特別招聘教員・非常勤教員)


井上 英之
(政策・メディア研究科 特別招聘准教授)

山崎 亮
(総合政策学部 特別招聘教授)
(株式会社studio-L)

伊藤 健
(政策・メディア研究科 特任講師)
(NPO法人SROIネットワーク・ジャパン)

国保 祥子
(政策・メディア研究科 非常勤講師)

安井 秀行
(政策・メディア研究科 非常勤講師)
(NPO法人アスコエ)

山田 貴子
(政策・メディア研究科 非常勤講師)
(株式会社ワクワークイングリッシュ)

坂倉 杏介
(政策・メディア研究科 非常勤講師)
(三田の家LLP)

大西 健丞
(政策・メディア研究科 非常勤講師)
(公益社団法人CIVIC FORCE)

今村 亮
(政策・メディア研究科 非常勤講師)
(認定NPO法人カタリバ)

井上 有紀
(政策・メディア研究科 非常勤講師)

広石 拓司
(総合政策学部 非常勤講師)

樋栄 ひかる
(総合政策学部 非常勤講師)

木幡 敬史
(総合政策学部 非常勤講師)

松橋 崇史
(総合政策学部 非常勤講師)

岩月 基洋
(総合政策学部 非常勤講師)

社会イノベータコース・アドバイザ(SIアドバイザ)


石田 一統

今村 久美

貝ノ瀬 滋
(三鷹市教育委員)

金子 郁容
(慶應義塾大学名誉教授)

川添 高志

駒崎 弘樹

藤岡 慎二

古田 秘馬

米良 はるか
READYFOR

矢島 里佳

連携・協力機関

米国NPO法人VIA
(スタンフォード大学における夏季・春季プログラム)
http://viaprograms.org/

アショカ・ジャパン
http://japan.ashoka.org/