News

2018.04.10

「大崎町リサイクル未来創生プログラムの共同開発に関する連携協定」を締結

― 連携事業の第1弾として「大崎町リサイクル奨学パッケージ」を共同開発・推進 ―

4月10日、大崎町、鹿児島相互信用金庫、慶應義塾大学SFC研究所(以下、SFC研究所)は、「大崎町リサイクル未来創生プログラムの共同開発に関する連携協定」を締結しました。「リサイクル率11年連続日本一の町」の実現など、住民力や自治体職員の力を発揮してきた大崎町、地域とともに活動する「超地域密着経営」を行う鹿児島相互信用金庫、「未来を先導する実学と人材育成」を行ってきたSFC研究所の連携により、「大崎町リサイクル未来創生プログラム」の研究開発と実践を行い、大崎町、鹿児島県、日本、さらにはグローバルに未来を先導する社会システム構築と人材育成を推進します。

photo

その一環として、大崎町の町民が世界各地で活躍すること、そして、地域に戻って、さらなる活躍をすることを支援することを主旨とする「大崎町リサイクル奨学パッケージ」を共同開発事項といたします。SFC研究所(社会イノベーション・ラボ)の助言、大崎町と鹿児島相互信用金庫に関わる産官学労金言の協力のもと、大崎町と鹿児島相互信用金庫が相互に連携し、研究開発と推進に取り組みます。

参考

photo
photo