Recent News

photo

中川優芽さん(釜石市 地域おこし研究員)が釜石市役所にて活動報告会を実施

2019.03.12

2019年3月8日(金)に釜石市役所市長室にて、野田市長、山崎副市長をはじめとする釜石市の関係者に向けて、釜石市 地域おこし研究員の中川優芽さんが今年度の活動内容を発表する報告会を実施しました。

Read More
photo

第1回「食でつなぐ地方と都市の持続可能な社会システム(SDGs)研究会」&「地域おこし料理人説明会」を開催しました。

2019.02.13

2/8(金)、辻調理師専門学校(大阪市阿倍野区)にて、第1回「食でつなぐ地方と都市の持続可能な社会システム(SDGs)研究会」と「地域おこし料理人」説明会・相談会を開催しました。当日は、持続可能な社会づくりやSDGs、フードトラックを活用した地域おこしや災害支援などに興味をもつ自治体・企業・団体の方や学生など、約30名の方々にご参加いただきました。

Read More
photo

「『地域おこし研究員』第8回説明会・個別相談会」を開催しました。

2019.02.07

1/29(火)に、慶應義塾大学三田キャンパスにて「『地域おこし研究員』第8回説明会・個別相談会」を開催しました。説明会には、地域おこし研究員に興味を持ち、政策・メディア研究科(大学院)への進学を検討されている大学生や社会人等の方々や、地域おこし研究員を募集する自治体関係者の方々にご参加いただきました。

Read More
photo

「生活者発想によるSDGs事業創造」研修プログラムを実施

2019.02.06

1/12(土)~1/14(月)に、11年連続リサイクル率日本NO.1の鹿児島県大崎町で、SDGs事業を発想する研修プログラムを実施しました。本研修プログラムには、企業関係者、自治体関係者、国際機関関係者、大学関係者、金融機関関係者など、計26名が参加しました。

Read More
photo

第1回「食でつなぐ地方と都市の持続可能な社会システム(SDGs)研究会」&「地域おこし料理人説明会」開催のご案内(2/8@大阪)

2019.02.01

慶應義塾大学SFC研究所 社会イノベーション・ラボ、辻調理師専門学校、株式会社mellow、鹿児島相互信用金庫の呼びかけのもと、慶應義塾大学SFC研究所VCOMコンソーシアム「地域おこし×災害支援フードトラックプロジェクト」を発足しました。プロジェクトの研究開発と連携促進の一環として、「研究会」及び「地域おこし料理人説明会」を開催します。

Read More
photo

住民との協働を生み出すしくみを研究開発する「地域おこし研究員」を募集

2019.01.28

【募集情報】大山町では、総合計画で掲げる「楽しさ自給率の高いまち」を追求する発想や実践、地域自主組織の活動など、人と人との「つながり」を活かした取組みを行っています。慶應義塾大学大学院と連携した「こどもと楽しいまちプロジェクト」に携わりながら、住民との協働を生み出すしくみを検討する研究開発に従事する人材を募集します。

Read More