News

2019.01.28

住民との協働を生み出すしくみを研究開発する「地域おこし研究員」を募集

【募集情報】大山町(鳥取県)

大山町では、総合計画で掲げる「楽しさ自給率の高いまち」を追求する発想や実践、地域自主組織の活動など、人と人との「つながり」を活かした取組みを行っています。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科と連携した「こどもと楽しいまちプロジェクト」に携わりながら、住民との協働を生み出すしくみを検討する研究開発に従事する人材を募集します。

詳しくは、「スタンバイ」に掲載の求人情報をご覧ください。
https://jp.stanby.com/ats/daisencho/jobs/0000001

photo

大山町は、鳥取県西部に位置し、中国地方最高峰である大山(だいせん)山頂から日本海に扇状に広がっています。海と山の双方の恵みを受けた肥沃な土壌では、水稲やブロッコリー、白ネギ、二十世紀梨をはじめとした農業や、酪農・和牛・ブロイラー・豚といった畜産業が行われています。漁業では、沿岸漁業によりサザエ・ヒラメ・ハマチ・タイ・アジなどのほか、ウニ・板ワカメが特産品としても有名です。また、国立公園大山を中心とした観光資源にも恵まれています。

ここ数年では、若手の有志を中心とした、地域を盛り上げるさまざまな活動が行われており、国内外からクリエイターを招聘して大山町に滞在し地域住民とも交流しながら制作する「アーティスト・イン・レジデンス」や古民家を改装したコミュニティスペースの活用やシェアハウスの運営などをきっかけに、地域内外から人の行き来や移住、定住が進んでいます。

photo

参考