News

2019.02.01

第1回「食でつなぐ地方と都市の持続可能な社会システム(SDGs)研究会」&「地域おこし料理人説明会」開催のご案内(2/8@大阪)

2018年9月1日、慶應義塾大学SFC研究所 社会イノベーション・ラボ(代表:玉村雅敏)、辻調理師専門学校(校長:辻芳樹)、株式会社mellow(代表取締役:石澤正芳)、鹿児島相互信用金庫(理事長:稲葉直寿)の呼びかけのもと、慶應義塾大学SFC研究所VCOMコンソーシアム「地域おこし×災害支援フードトラックプロジェクト」を発足しました。

このプロジェクトでは、全国各地の自治体・企業・団体・金融機関・研究機関等が協力して、多様な主体を結びつけるチカラを持つ「食」の観点から、「人材育成×社会課題×ビジネス」の相乗効果がある社会システムの構築を推進しています。

つきましては、プロジェクトの研究開発と連携促進の一環として、下記の通り、「研究会」及び「地域おこし料理人説明会」を開催致しますのでご案内致します。

「第2部 地域おこし料理人説明会」のみの参加も可能です。詳細は、下記のPDFファイルをご覧下さい。

※ 「地域おこし料理人」プログラムは、太田良冠さん(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程&長島町地域おこし研究員)の研究成果等を活かして、推進するものです。

※ 「地域おこし研究員」と「地域おこし料理人」は位置づけが異なるものです。

photo

開催概要

  1. 日時:
    2019年2月8日14:00~16:10(第1部)/16:30~17:30(第2部)
  2. 場所:
    辻調理師専門学校123教室(2階)
    (大阪市阿倍野区松崎町3-16-11/http://www.tsuji.ac.jp/access/
  3. 参加費:
    無料
  4. 内容:
    <第1部>第1回「食でつなぐ地方と都市の持続可能な社会システム(SDGs)研究会」
    • 「地域おこし×災害支援フードトラックプロジェクト」と「食でつなぐ地方と都市の持続可能な社会システム(SDGs)研究会」概要説明
      玉村雅敏(慶應義塾大学総合政策学部 教授)
    • 事例報告①:「「あきない虎の穴」卒業生店舗が生存率80%以上で推移している理由」
      浜田哲史(大阪市都市型産業振興センター スタートアップ支援チーム チーフプランナー)
    • 事例報告②:産官学金連携の「Uターンと協業を促進する奨学金制度」―食の観点からの工夫
      本永謙介(鹿児島相互信用金庫 そうしん地域おこし研究所)
    • 意見交換、今後の研究開発内容に関する協議
    <第2部>「地域おこし料理人」説明会・相談会
    • 「地域おこし料理人」概要説明
      尾藤環(辻調理師専門学校企画部部長)玉村雅敏(慶應義塾大学総合政策学部 教授)
    • 自治体による募集:長島町アンテナフードトラック「ぶりうま食堂」運用に関する募集など
      太田良冠(鹿児島県長島町地域おこし研究員)
    • 個別相談
  5. 対象者:
    持続可能な社会づくり、SDGs、地域おこし、地域おこし協力隊、小型店舗・小型移動店舗(フードトラック)、飲食業の創業、災害支援などに興味がある自治体・企業・団体・個人・報道関係者の方
  6. 参加お申込み方法:
    必要事項を記載のうえ、以下のメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。
    (1)必要事項:ご所属、お名前、連絡先(電話番号)、参加人数
    (2)お申込み先メールアドレス: food-truck◎sfc.keio.ac.jp(「◎」を「@」に置き換えてください。)
    ※ 第1部に参加希望の方は「食でつなぐ地方と都市の持続可能な社会システム研究会」に参加希望、第2部に参加希望の方は「地域おこし料理人」説明会・相談会に参加希望、第1部・第2部ともに参加希望の方はその旨を明記してください。

参考