Researcher

駒井 恵太(こまい けいた)

ドイツハンブルグ出身。2019年3月慶應義塾大学総合政策学部卒業。大学では、オーラルヒストリーという手法を用いて老舗の女将さんについて研究した。また、地域外の人が「好きな時に、好きな形で」地域住民と関わることができる場づくりを目指し、有志と東京都豊島区東長崎の空き家を活用した「OKARA(おから)」を立上げ、運営に携わる。2019年4月慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程に入学。大崎町の地域おこし研究員に就任。大崎町の地域おこし研究員に就任。

2019年4月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程 入学
2019年4月 大崎町 地域おこし研究員 就任(第10号)

研究資料

参考